UPDATE with howlive

「沖縄ではたらく」をより良くすると、日々のライフスタイルがもっとステキになる。 UPDATE with howliveは、「仕事とライフスタイルのアップデート」に関心がある人々や企業が知見を発信・共有する場として、ともにアップデートしていくコミュニティです。

UPDATE with howlive

「沖縄ではたらく」をより良くすると、日々のライフスタイルがもっとステキになる。 UPDATE with howliveは、「仕事とライフスタイルのアップデート」に関心がある人々や企業が知見を発信・共有する場として、ともにアップデートしていくコミュニティです。

マガジン

  • 「howlive」イベントレポート

    「howlive」やコミュニティ「UPDATE with howlive」で開催したイベントのレポートをまとめたマガジンです。

  • 「howlive」をご活用いただいている皆さま

    「howlive」をご活用いただいた皆さまが発信している、気づきや発見が書かれているnoteをまとめたマガジンです。

最近の記事

沖縄で学びのワーケーション! 「UPDATE with howlive 2022 特別編 – 社内起業・新規事業担当者 ワーケーション & 交流イベント –」イベントレポート

「【新規事業づくり】や【協業事例づくり】、【サービス開発】、【DX・デジタルシフト推進】という難題に取組んでいたら、チームメンバー全員が疲弊してきた・・・。」 それでも前に進めなければならないお悩みを抱えながら、日々の業務を推進していらっしゃる方は多いのではないでしょうか? そのような皆さまが抱えるお悩みに対して、沖縄ならではのスタイルで解決のキッカケを提供するべく、3日間にわたるワーケーション・プログラム「UPDATE with howlive 2022 特別編 – IT

スキ
5
    • 【WeWork & howlive インタビュー】 コミュニティが広げる働く人の可能性

      今回はWeWork Daimyo コミュニティマネージャーのHiroshi氏をお迎えし、howlive コミュニティマネージャー 椎名とのコミュニティマネージャー対談記事をお届けします。 グローバルに展開するWeWorkと沖縄で展開するhowlive、それぞれのワークプレイスにおけるコミュニティの目的やコミュニティマネージャーとしての役割などを語っています。 沖縄や九州エリアでの拠点立ち上げを検討中の事業担当者さまや独立を検討中で「ひとりで立ち上げ、オフィスはどうしよう…」

      スキ
      8
    • 【活用事例】はたらく環境をより良いものに『コワーキングスペース×「タニモク」』

      こんにちは!「タニモク」編集部です。 noteでは、「タニモク」を主催された方々にインタビューを行い、開催時の工夫や得られた効果などをご紹介しています。 今回お話を伺ったのは、沖縄県でコワーキングスペースやシェアオフィスを運営する「howlive」のコミュニティマネージャー、椎名修一さん。コミュニティのイベントとして「タニモク」を実施されたという椎名さんに、開催への想いや今後の活用方法についてお話しいただきました。 実施企業と参加者 howliveとはー初めに、howl

      スキ
      2
      • 「Google Cloud × howliveと学ぶ『クラウド時代の働き方・新常識』」イベントレポート

        「オフィスなどの場所に縛られずに、好きな場所で好きな時間に働きたい!」という新しいワークスタイルに関心を抱いていらっしゃる方々、そして「社員がストレスを減らし効率的に働くことが、会社にとってもより効率的な経営になる」とお考えの組織づくり・経営に携わる方々に向けて、Google Cloud さま、沖縄セルラーさまのご協力のもと、Google Workspace を活用した働き方や会社・現場のDX推進について触れていただけるイベントを2022年10月12日(水) の朝、そして14

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • 「howlive」イベントレポート
        UPDATE with howlive
      • 「howlive」をご活用いただいている皆さま
        UPDATE with howlive

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        心理的安全性を育む「ウェルビーイングなチームづくり」 イベントレポート

        「『心理的安全性』ってよく耳にするけど、何のことか今さら聞けない…」、「リーダーに適任されたけれども、チームメンバーの考え方や気持ちなど聞き出せているか自信がない…」、「心理的安全性って、そもそも何の役に立つの?」 こうしたお悩みや疑問を解消して、生産性の高い・効果的なチームにとって欠かせない「心理的安全性」を学び、ともに育んでいくワークショップ「ウェルビーイングなチームづくり 〜「はたらく」をより良くして、生産性を高める 〜」を実施しました。 今回のイベントレポートでは

        スキ
        1
      • 親子ワーケーションを快適にした5つのライフハック

        こんにちは。 MeTownの田中です。 沖縄で5日間、0歳の娘を連れて親子でワーケーションをしてみて、気づいたことを記録したいと思います。 先に自分なりの結論を言いますが、親子ワーケーションは、いくつか工夫をすれば、仕事も進めながら、かけがえのない家族時間を過ごせて、マジで最高じゃん!というのが、いま帰りの飛行機でこの記事を書いている私の正直な感想です。 沖縄は、既にリモートワークに対するインフラが色々整っていてやりやすかったというのもありますが、親子ワーケーションとい

        スキ
        8
      • ワーケーション体験記(宮古島編)

        こんにちは。 平山聡(ひらやまさとし)です。 ワーケーションとは?皆さんは、「ワーケーション」という言葉をご存知でしょうか? 総務省のHPには↓のように定義されています。 <ワーケーション> ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語(ぞうご)。 リゾート地などで休みを取りつつ(または引っ越しして)テレワークをする働き方を指す。 ここ数年、ワーケーションという言葉を聞くたびに、「休暇(バケーション)を取りながら仕事(ワーク)するなんて、どちらも中途半端で

        スキ
        10
      • 沖縄本島の最西端でテレワーク

        みなさまこんにちは。Re:Buildのデザイナーのきぬです。 沖縄に新しくコワーキングスペースができたとのことで、howlive読谷村残波岬店にテレワークに行ってきました! 非日常な空間でテレワーク 那覇空港からおよそ1時間20分、読谷村の残波岬公園内にある「残波岬いこいの広場」の中にあります。 目の前は海という最高の立地! 入り口を抜けるとすぐに自然溢れる空間が目の前に。 受付を済ませ、早速中を探索です! こちらはグランピングルーム。床がまさかの芝生です。 h

        スキ
        9
      • 東京というコンクリートジャングルから離れてみて

        株式会社ラブグラフの村田あつみです。 今回は二人の友人と一緒に沖縄までワーケーションをしに行ってきましたが、想像以上に楽しかっただけではなくて、しっかりと仕事にも良い影響がありました。 Twitter:@murata_atsumi Instagram:@anmitsuchan 1日目は「そば処 琉風」で沖縄そばを食べた後に、リゾートワークスの高木さんに「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」まで車で送っていただいてからは基本的にずっと仕事をして、夕食は「る・それい

        スキ
        6
      • 沖縄ワーケーション環境まとめ

        ワーケーションの毎日を報告しようと思っていたら、ただの業務に日報になってしまい、さぼっております。 沖縄でのワーケーション環境を紹介します。 ワーケーション・・・といえば、ネットのイメージだと、砂浜でMac〜みたいな感じですが、仕事になりませんw 暑いし、Mac壊れるw コワーキングスペースの「howlive」さんを利用させていただいております。 こんな感じ。おしゃれなだけでなく、作業環境としても快適です。席が密集してないから、会議をしていても、自然に隣の人の会話が聞

        スキ
        3
      • 【長編】コワーキングツアーVol.20沖縄やんばる編はてんこ盛りの5日間だった〜コワーケーションとブログジェリーとBeyond the Coworkingとスキルシェアとシャルソンと〜

        去る11月23日〜28日に、沖縄大宜味村のコワーキング「SEASIDE OFFICE」さんを拠点にコワーキングツアーVol.20を開催してきました。 今回は那覇から名護を経て何ヶ所かおじゃましつつ北上し、大宜味村では地元の人と県外から来た人とでスキルシェアしよう、ついでに次世代のコワーキングを考えるイベント「Beyond the Coworking Vol.16」もやり、シャルソンもしてブログ書こう、という趣向。ツアーとしては20回目。詳しくはこちらに予告として書いてます。

        スキ
        7
      • 暮らすように旅をする2泊3日のプログラムin読谷村!【ワーケーション×農業×地域】

        去る10月22日(土)〜24日(月)まで、2泊3日の日程でじわりじわりと企画を進めてきた【ワーケーション×農業×地域】をテーマにしたプログラム! 無事に開催することが出来ました〜!!🙌 きっかけはフリーランス農家(土地を持たない農家)という新しい働き方で全国を旅する小葉松真里さん(https://www.instagram.com/kobamatsu_mari/)との出会いから。農業の魅力をもっと伝えたい!という熱い思いを持つ小葉松さんを畑に招いてユンタク(おしゃべり)を

        スキ
        5
      • テレワークほぼ100%の私が、ワーケーションの可能性に目覚めるまで

        2020年3月からテレワークほぼ100%で働いており、多大なメリットを感じています。 通勤がないため体力が温存でき、ヨガやストレッチをしたくなったらすぐできて。アイデアブレストも打ち合わせもしやすくなったし、オンライン上にたくさんの人から関係性もつくりやすい。 そんな「テレワーク大好き」な私ですが、2021年11月に約2週間沖縄にワーケーションに行ったら、「ワーケーションも、めちゃくちゃ可能性があったんだ…!」とい思うようになりました。 この記事では、私が実際にやってみ

        スキ
        30
      • 沖縄のレンタルオフィス「howlive」を使ってみた

        どうも、OCH の yonamine です。 皆さん、テレワークしてますか? 最近は様々な場所でネット環境が整備され、テレワークを可能とするアプリやアプライアンスなども多く普及し、テレワークが可能となる条件が揃っています。 アプリやアプライアンスだけではなく、今では働く場所を提供するレンタルスペースも増えていますね。 今回は沖縄のレンタルオフィス・コワーキングスペースを提供している「howlive」のテレワークモニター企画に参加してきましたので、紹介したいと思います!

        スキ
        5
      • howlive×SnowPeak の快適すぎる環境でosotoワーケーション!?

        「日常に沖縄を。」をテーマとして、ワーケーションを中心に新しい沖縄の滞在スタイルを発見・提案するサービス、Re:sort@OKINAWA。 埼玉生まれ、沖縄に移住して20年。旅好き、離島好き、そしてやんばる大好きなRe:sort@OKINAWA広報チームのマキノです。 今回は、Re:sort@OKINAWAが提携する、読谷村にあるコワーキング施設『howlive 読谷残波岬店 Camping Office osoto Yomitan by Snow Peak』にお邪魔して

        スキ
        8

        沖縄ではたらく人々のビジネスピッチ「Showcase by howlive」イベントレポート

        せっかく同じ沖縄ではたらいている人同士でも、お互いがどんな仕事をしているのか、案外知らなかったりしますよね。 沖縄に集う皆さまがお互いを知るキッカケとなるビジネスピッチとネットワーキングの機会をご提供するイベントが「Showcase by howlive」です。 今回のイベントレポートでは、2022年8月18日(木) にhowlive タイムスビル店(那覇・久茂地)にて実施したイベントの様子を一部ご紹介致します。 沖縄県内の高校生が登壇「Showcase by howli

        スキ
        3